So-net無料ブログ作成

ドンキ甲師団 [その他]

雛の地、徳島に先日ようやくドンキホーテが上陸(全国の都道府県で46番目)。妻子に連れられて行ったところ・・・猫のひげを震わせる商品がっ!。

IMG_20191008_0012 (2).jpg
「4D立体パズル」と称して売られていた戦車群。

立体パズル・・・要はスナップフィットのプラモデルのことだろう。1/72とスケールを明記しているし、もしかしたらハセガワのコピーが混じっているかもしれない。日東やアリイの1/76の金型使ってたりしたら面白いんだが。そういえば小学生の頃、緑商会のパンサーG型で遊んだなあ(遠い目)・・・・・・などと妄想が止まらない。

お値段を見ると、さすがドンキの150円!生産国の中国に敬意を表して?東側陣営の4両を捕獲してきました。

まずは箱の作例(上の画像)が一番格好良かったT-55Aを製作。

IMG_0202 (2).JPG
IMG_0205 (2).JPG
・・・なんか作例と別モノなんだが。特に転輪の数や大きさが全然違うよね。実車にはない履帯上部の支持輪がやたらに多くある上に、やけに大きい。とりあえずクリスティー技師に謝れ。

IMG_20191008_0015 (2).jpg
気を取りなりなおしてT-72M1。好きなんだよねえ、格好良くて悪役っぽくて。

IMG_0203 (2).JPG
IMG_0204 (2).JPG
・・・くおら!この砲塔どっから持ってきたっ!どう見てもT-72のデザインじゃなかろうがっ!車台部品はT-55と共用だけど、謎の支持輪が装甲で隠れているのが救いか。

IMG_20191008_0014 (2).jpg
もはや多くを期待せずにJSU-152に取り掛かる。

IMG_0201 (2).JPG
IMG_0206 (2).JPG
シンプルな形状ゆえか、戦闘室はまともに再現。車台部分についてはもう諦めた。砲身の太さや形状にはもっと拘ってほしかった・・・何よりも、大きすぎる増槽が残念。

IMG_20191008_0016 (2).jpg
98式戦車には、実はちょっと期待していました。上の3両はソ連生まれだけど、98式は人民解放軍がT-72をベースに開発。国産戦車として気合を入れてモデル化したんじゃないかって。

IMG_0200 (2).JPG
IMG_0207 (2).JPG
うん・・・4両の中では一番いいんじゃないかな。寸詰まりだけど形状的には間違ってない。支持輪も半ば隠れているし、斜め上から見れば鑑賞に堪えられるレベルかも。

いずれも接着剤は不要ですが、バリを取るためのニッパーやカッターは必要。機銃を取り付ける穴が小さすぎて、ピンバイスが必要なので付けていません。砲塔上のハッチの片方が開きます。

全8種で、残りはレオパルト2A5、M1A2、M1パンサーII地雷処理車、M42自走高射機関砲。ラインナップは魅力的なんだけどねえ・・・車台は共通だろうからスケールはあてにならんな。

ここまで書いてきてようやく気付きました。プラモデルではなく「立体パズル」としたのは。「コレジャナイ!」と叫ぶモデラ―の非難をかわすためか。そして「4D」の4つめのDは・・・思わず手に取ってしまったDonkey(まぬけ)の意味かっ!?

おまけ
IMG_0215 (2).JPG
ホンコンノジユウハオラタチガマモル

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
タグ:戦闘車両
nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

邪道ジオラマー [その他]

前からちょっと興味があったAR(拡張現実)
その最初の出会いが、こんなお手軽なものになろーとわ。

お菓子の定番、森永製菓の「おっとっと」

今まで気づかなかったのですが、2月から恐竜と深海生物のものが出ていて、包装のQRコードでアプリをダウンロードすると、リアルな3DCGが楽しめるのですと!
https://www.morinaga.co.jp/public/newsrelease/web/fix/file5c6cb5d85ea81.pdf

お手軽命の邪道ジオラマ―にとっては、まさにうってつけのツール。早速コンプして、手持ちの食玩と組み合わせ、いくつか画像を作ってみました。

2019-06-14_15.37.33.jpg
白亜紀戦記

2019-06-14_15.53.47.jpg
深海の王との邂逅

名称未設定aaa.jpg
失われた発掘記録

コンソメ味の恐竜、うすしお味の深海生物ともに二種類の箱があり、コンプすれば計12種類を捕獲できます。

恐竜はトリケラトプス、パラサウロロフス、ディプロドクス、ステゴサウルス、ティラノサウルス、同あたまの骨。

深海生物は、ダイオウグソクムシ、リュウグウノツカイ、デメニギス、ラブカ、シーラカンス、オニキンメ。

学研の図鑑とタイアップしていて、お菓子のおまけとは思えないリアルさです。ティラノサウルスは、近年の考察をもとにしたようで、ふさふさと毛が生えています。

期間限定なので、興味のある方はお早めに捕獲してくださいね!

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村


【DVD付】恐竜 (学研の図鑑LIVE) 3歳~小学生向け 図鑑

【DVD付】恐竜 (学研の図鑑LIVE) 3歳~小学生向け 図鑑

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2014/06/20
  • メディア: 大型本

タグ:食玩 建機
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あけまして令和 [その他]

始まりましたね、令和。

長期サボ・・・いや、充電中の猫ですが、このイベントには参戦しておかねば!と急遽、投稿。

IMG_20190503aa_111622.png

すき家の「すきすきセット」のあらいぐまラスカルプルバックカー。看板持ってる姿にひらめいたので、画像ソフトでプチ改造。顔を菅サンに差し替えるのはやめといた。

さあ、これで、来年の年賀状のネタもできた・・・てのは、鬼が笑うか(爆)

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

OUT 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 特集号 (カドカワムック 775)

OUT 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 特集号 (カドカワムック 775)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2019/02/20
  • メディア: ムック

タグ:おまけ
nice!(5)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ざんねんな猫とかクルマとか [その他]

御無沙汰です。長いことお休みしてすみません。

サボってしまった理由はいくつかありまして。と言っても、病気とか入院とかでは全くないんですが(汗)

理由①
うっかり読み始めた「なろう系」が思いのほか面白く、しかも長かった。具体的に言うと「ろうきん」「のうきん」「ポーション」の三部作。どれも、主人公が異世界を移動して、いろんなイベントが次々発生・・・あ、これって、スマホのRPGと同じだ。終わらない奴だ(頭痛)

理由②
地元の図書館の貸出上限が5冊から10冊に倍増。調子に乗って色々借りてたら、読むペースが間に合わず、ブログを書く時間がなくなってしまった(無計画)。どんな本を読んだかは後述。

理由③
お腹周りがかなりやばいことになってきたので、アマゾンのタイムセールでフィットネスバイクなるものを購入。さぼると妻が捨ててしまうので、ほぼ毎晩テレビを見ながら漕いでます。深夜アニメ二本分=約50分漕ぐと、もうPCに向かう気力が・・・

まあ、どの理由も言い訳みたいなもん、つか言い訳ですね。これまでもブログを騙る気力や、蒐集意欲が衰えたことがあったので、そのうち書きたくなるのは間違いないと思っています。

それまでの間、超スロー更新&ミニカー以外のことも書きそうですが、できますれば、生暖かい目でゆるーく見守っていただければ幸いです。

さて。充電期間とは言っても、ただ遊んでいる訳ではありません。来たる日に備え、こんな本を読んで、知識を蓄えているのですよ(えへん)

ざんねんなクルマ事典

ざんねんなクルマ事典

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/12/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

「ざんねん」と括ってしまうには勿体ないクルマも収録されている一方、「そんなクルマあったんだ!」と目から鱗のものも沢山。

オートザム・クレフとか、オートザム・レビューとか、マツダを標榜している猫なのに、まったく忘れてしまってたよ(恥)

コロナのストレッチ・リムジン「スーパールーミー」とか、ミドシップのホンダZとか、スズキ・キザシとか、知らんがな。

CR-XデルソルスズキX-90インプレッサ・カサブランカレパードJ.フェリー辺りも、順当な顔ぶれと言えましょうか。

大学生の頃、親に借りてたダイハツ・リーザも入ってたよ(苦笑)。ダイハツ・アプローズは当時とても好きなクルマでした。

ビークロスCR-Zは機会があれば乗ってみたい。つか欲しい。アマゾン・プライムでゆるキャン△見てて、ラシーンもいいなと思ったり。

んでも実際のところ、大きすぎないサイズや自転車も運べる車内空間など使い勝手を考えると、今乗ってる二代目デミオ以上に猫的にベストなクルマって思いつかないんだよねえ。あえて言えばソリオ?(マツダじゃないじゃん)

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
nice!(8)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

あけましておめでたう [その他]

やは。猫じゃないよ。ねこざかなだよ。
(それはさておき)

旧年中は拙の騙りにお付き合い下さりありがとうございました。
本年もゆるりと参りますので、よろしくお願いいたします。

IMG_20181231_112947_resized_20181231_114531451 (2).jpg
画像の絵馬は、昨年5月に届いたビッグコミックスピリッツの懸賞品。
西暦だけいじってみました。あ~る犬を猪に描き変えるのはさすがに無理(笑)

つか、玩車ブログなのに、ミニカーはどうした(前途多難)

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

究極超人あ~る完全版BOX1 (1) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

究極超人あ~る完全版BOX1 (1) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)

  • 作者: ゆうき まさみ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2018/07/12
  • メディア: 単行本

nice!(6)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

翼あるもの [その他]

70年代に小学生だった、そこのアナタ。
初めて遊んだラジコンは、どんなモノでした?

世の中には「タミヤのゲパルト対空戦車だぜ!」ってなスネ夫くんも居るかもしれませんが。幸運にもクリスマスや誕生日に、ねだり倒して親に買ってもらった子でも、その多くは1チャンネルのラジコンカーだったんじゃないかな(あくまで想像)

1チャンネルのラジコンってなんやねん!と若いモンは疑問に思うことでしょう。前後進しかできなくて、何が楽しいのかと。私が買ってもらったポルシェの場合、後進時にカーブすることで「方向転換」が可能な仕組みでした。延々と車庫入れもどきを繰り返すようなもんだなww

それでも、当時としてはかなり高額のおもちゃ。よく買い与えてくれたものだと感謝しています。コードつきのリモコンとは違うのだぜ!と、興奮して、近くのグラウンドで走らせました(壊れるからやってはいけません)

・・・・・・そんな40年以上も前のことを、義母が息子に贈ってくれたクリスマスプレゼントを開けたとき思い出しました。

IMG_20181225_114953.jpg
IMG_20181225_115010.jpg
例によって(爆)どこにも車名やライセンスは記載されていませんが、ランボルギーニ・ヴェネーノ。全長27cmなので、スケールは大体1/17。

IMG_20181225_114921.jpg
商品名は「イタリアン・ウイング」。箱に描かれているラ フェラーリと二車種があります(版権なにそれ美味しいの)。注目すべきはプロポ中央にある大きな赤いボタン。

IMG_20181225_114808.jpg
IMG_20181225_114836 (2).jpg
前後進、右左折の2チャンネルに加え、このボタンを押すとリアハッチとドアが開閉するのです!憧れの3チャンネルをこうも贅沢に使うか・・・まさに隔世の感。

成程、だから商品名が「イタリアン・ウイング」なのか!って、シザードアとガルウイングドアは違うと何度言ったら(今更)

それにしても無版権スーパーカー&ガルウイング(もぉ、これでいいや)開閉と、この頃のねこざかなの好みにぴったりの贈り物が届いたのに吃驚。もしや、お義母さん、拙ブログを読んでたりしてないよね?(それだけは勘弁)

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

翼あるもの1

翼あるもの1

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 1985/05/25
  • メディア: Kindle版

nice!(5)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大創の跳ね馬 [その他]

年末も押し迫った時期にまさかの連投。趣味ネタの年賀状のテーマが決まらない現実逃避なわけでは、けっして(自爆)

以前、100円ショップのセリアで売られている「スーパーガルウイングカー」シリーズのラ・フェラーリFXX K (的ななにか)を御紹介しましたが、商売仇のダイソーでも同様のプラ玩車が売られていました。

IMG_20181225_035859 (2).jpg
IMG_20181225_035921 (3).jpg
IMG_20181225_035600 (2).jpg
その名も「ウイングレーシングカー」シリーズww

IMG_20181225_040033 (2).jpg
プルバックモーターも付いていますが、一番の売りはやはりガル「ウイング」ドアでしょう。実車のバタフライドアとはまるで違う開閉方式なのは内緒だ(笑)

セリア版は成近屋という東大阪の卸会社を通して中国から仕入れ。一方、ダイソー版は直接、大創産業が輸入しているようです。

IMG_20181225_040310 (2).jpg
本体のサイズやプロポーション、ギミックは同じなのですが、前に御紹介したセリア&成近屋「乗用車シリーズ」とベル玩果「エクストリームドライブ」シリーズの関係と同じく、金型自体は別物。

セリア版の方がモールドはシャープ。また、セリア版のボディは塗装されてピンストも入っていますが、ダイソー版は成型色のまま。ホイールは同じものが使われています。

お勧めはセリア版ですが、元々の跳ね馬のデザインが素晴らしいので、匠が手を加えればダイソー版だってとんでもなく美麗な作例になります(羨望)

セリアの「スーパーガルウイングカー」は全4車種ですが、ダイソーの「ウイングレーシングカー」はラ・フェラーリを4色のカラバリで販売。どちらもトミカ定価一台分のお小遣いでコンプできちゃいますww

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

週刊ラ フェラーリをつくる 2015年 9/9 号 [雑誌]

週刊ラ フェラーリをつくる 2015年 9/9 号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アシェット・コレクションズ・ジャパン
  • 発売日: 2015/08/26
  • メディア: 雑誌

タグ:フェラーリ
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

百均アゲーラ [その他]

2018年も残すところ一週間を切ったというのに(以下略)今回もセリアの「スーパーガルウイングカー」シリーズを御紹介。クリスマスネタはどーしたとかキコエナイ、キコエナイ(汗)

IMG_9913 (2).JPG
IMG_9920 (2).JPG
ケーニグセグ・アゲーラ

スウェーデンのケーニグセグ社が2011年から18年まで生産したスーパーカー。5.0リッターV8ツインタ-ボが生み出す最高出力は940馬力。最高時速は395kmと公表されました。

この手のスーパーカーの例に漏れず、性能向上型や限定生産といったバリエーション多数。1160馬力に強化されたアゲーラRSは17年、時速447kmを達成。ヴァイロンを抜き市販車の世界最速記録を塗り替えました。

車名はスウェーデン語で行動するという意味の「Agera」と、古代ギリシャ語で不老という意味の「Ageratos」から取られたそうです。確かに御長寿モデルではあったな。

どのグレードでも軽く1億円を超える実車はさておき、税込み108円のセリア(無版権)玩車について。

koenigseggone1geneva.jpg
前後スポイラーの形状などから、2014年に発表され、プロトタイプを含め限定7台が制作されたアゲーラOne:1と推測。ちなみにOne:1の価格は約2億5000万円。

One+Koenigsegg+One1+down,+six+remain+after+Nurburgring+crash.jpg
黒/金の配色は、ニュルブルクリンクで速度記録更新のためのテスト走行中にクラッシュした個体か。

IMG_9928 (2).JPG
直角に開くラプタードアはさすがに再現できなかったようで、シザードアでお茶を濁していますが、開ける度にポロポロ外れるんだ、このドア(苦笑)。ヴェネーノはそんなことないのにねえ。

設計ミスか、製造時の不具合か・・・百均に多くを望むのは酷でしょうが、「ガルウイング」に夢を求めるスーパーカー少年(と親父)のために、ドアだけはしっかり作ってほしかった(涙)

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

世界のスーパーカー図鑑

世界のスーパーカー図鑑

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スタジオタッククリエイティブ
  • 発売日: 2018/12/11
  • メディア: 大型本

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

百均ウアイラ [その他]

2018年も残すところ10日を切ったというのに、百均玩車の紹介が終わらない・・・これというのもレトロフリークでファミコンウォーズ仕事が忙しいせいだな。

セリアで売られている成近屋扱いのミニカーを網羅するつもりだったのだけど時間切れ。頑張って「スーパーガルウイングカー」シリーズだけでも年内に騙る予定。

これまで御紹介した同シリーズの二台は、メジャーな跳ね馬闘牛でしたが、残る二台はなかなかの珍車。成近屋は現代のスーパーカー少年の知識を試しているのか(笑)

IMG_9915.JPG
IMG_9921.JPG
パガーニ・ウアイラ

1280px-PaganiHuayra.jpg
伊のパガーニ・アウトモビリが2011年、ゾンダの後継として発表。翌年から限定100台が販売されました。ウアイラという名前は、南米先住民族が信仰する「風の神」

AMGが供給する730馬力の6リッターV12ツインターボがたたき出す最高時速は370km。英国での販売価格は80万ポンド(約1億2千万円)でした。

IMG_9926.JPG
ドア開閉は正真正銘のガルウイング。名実ともに「ガルウイングカー」なのは、このシリーズでウアイラだけだったりします。あ、当然、無版権だからね。念のため。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

ファミコンコンプリートガイド

ファミコンコンプリートガイド

  • 作者: 山崎 功
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2016/11/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

タグ:パガーニ
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

百均ヴェネーノ [その他]

今宵も、版権を巡るセリアと成近屋の冒険を御紹介。

IMG_9917.JPG
IMG_9918.JPG
「スーパーガルウイングカー」シリーズの、ランボルギーニ ヴェネーノ(とは何処にも書いてない)

ライセンスなど取らなくともここまで似せられるんだ!という、中国の企業努力・・・違った、度胸?無謀?をひしひしと感じます(苦笑)色はチープだが。

このモデルのポテンシャルがいかに高いかは、こちらの匠の美麗な「作例」を御覧になれば、お分かりいただけると思います(dMR ◆zeY/O8h.LE様、リンク御許可ありがとうございます)

IMG_9925.JPG
セールスポイントのドア開閉ギミックも、オリジナル無視のラ フェラーリとは違って、実車の「シザードア」を再現しています・・・シリーズ名の「ガルウイングカー」との齟齬はもはや言いっこなしだww

1280px-Geneva_MotorShow_2013_-_Lamborghini_Veneno_1.jpg
ちなみに実車は2013年、ランボルギーニが創業50周年を記念して発表した、アヴェンタドールをベースにしたスーパーカー。試作車以外に3台が、300万ユーロ(約3億6000万円)で市販されました。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村

トミカ No.118 ランボルギーニ ヴェネーノ(箱)

トミカ No.118 ランボルギーニ ヴェネーノ(箱)

  • 出版社/メーカー: タカラトミー(TAKARA TOMY)
  • メディア: おもちゃ&ホビー

nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー