So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

あなたは、違う。だから、いいんだ [読んだ本]

生存確認代わりの書籍紹介兼、備忘録。
今週末は10冊。


二番目の悪者
「嘘は、向こうから巧妙にやってくるが、
真実は、自らさがし求めなければ見つけられない」






漱石全集を買った日―古書店主とお客さんによる古本入門
本を選ぶことは、本に選ばれていることでもあるし、本を読むことは、本に読まれていることでもある。






Blue
同調圧力が極端に強くてみんな周りのことばかり気にしている。本当は見栄っ張りのくせに、身近な誰かが目立つことは許さない。有名人の醜聞や他人の悪口が大好きなくせに、自分が悪者にはなりたくない。そんな狭い了見の人々が蠢く、狭い国の狭い世間。それは国が豊かなときも、貧しくなっても変わらない。



童の神
「京人は我らを鬼と呼ぶ。土蜘蛛と呼ぶ。そして童と呼び、蔑む。理由などない。己が蔑まれたくはないから誰かを貶める」






鹿の王 水底の橋
嵐が来ても、嵐から身を守る技術を知っていれば生きることができます。技術は、いつの時代、どんな人々にとっても大切なもの、必要とされるものですから。





テンプル騎士団 (集英社新書)
それはヨーロッパ初の常備軍であり、ヨーロッパ一の大地主であり、ヨーロッパ最大の銀行だった。城塞であり、農場であり、銀行窓口でもあるような支部をヨーロッパ中に張り巡らせる、超国家的な組織だった。




古生物学者、妖怪を掘る―鵺の正体、鬼の真実 (NHK出版新書 556)
ツノがあるとリーダーで、性能も高い、という不文律は後世において巨大ロボットの登場する作品の表現手段として定着しており、これはスーパーロボット・リアルロボットいずれのジャンルにおいても共通する特徴と言える。男の子向けの世界で一般化したこれも、何かしら根源的なツノに対する信仰のたまものかもしれない。



キネマトグラフィカ
「婿、婿、不幸ぶらないでよ。女なんて、結婚した途端、当たり前みたいに、嫁扱いされるんだからね」






プロット・アゲンスト・アメリカ もしもアメリカが・・・
「間違いない、陰謀はたしかに起きている。だが陰謀は陰謀でも、それを衝き動かしている力をここではっきり指摘しよう――ヒステリー、無知、悪意、愚鈍、憎悪、恐怖だ。わが国は何とおぞましい見世物になり果てたことか!虚偽、残虐、狂気がいたるところにはびこり、野蛮な暴力が私たちの息の根を止めようと脇に控えている。」


さようなら、オレンジ (単行本)
「あなたは、違う。だから、いいんだ」







nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ドンキ甲師団 [その他]

雛の地、徳島に先日ようやくドンキホーテが上陸(全国の都道府県で46番目)。妻子に連れられて行ったところ・・・猫のひげを震わせる商品がっ!。

IMG_20191008_0012 (2).jpg
「4D立体パズル」と称して売られていた戦車群。

立体パズル・・・要はスナップフィットのプラモデルのことだろう。1/72とスケールを明記しているし、もしかしたらハセガワのコピーが混じっているかもしれない。日東やアリイの1/76の金型使ってたりしたら面白いんだが。そういえば小学生の頃、緑商会のパンサーG型で遊んだなあ(遠い目)・・・・・・などと妄想が止まらない。

お値段を見ると、さすがドンキの150円!生産国の中国に敬意を表して?東側陣営の4両を捕獲してきました。

まずは箱の作例(上の画像)が一番格好良かったT-55Aを製作。

IMG_0202 (2).JPG
IMG_0205 (2).JPG
・・・なんか作例と別モノなんだが。特に転輪の数や大きさが全然違うよね。実車にはない履帯上部の支持輪がやたらに多くある上に、やけに大きい。とりあえずクリスティー技師に謝れ。

IMG_20191008_0015 (2).jpg
気を取り直してT-72M1。好きなんだよねえ、格好良くて悪役っぽくて。

IMG_0203 (2).JPG
IMG_0204 (2).JPG
・・・くおら!この砲塔どっから持ってきたっ!どう見てもT-72のカタチじゃなかろうがっ!被弾経始に謝れ。車台部品はT-55と共用だけど、謎の支持輪が装甲で隠れているのが救いか。

IMG_20191008_0014 (2).jpg
もはや多くを期待せずにJSU-152に取り掛かる。

IMG_0201 (2).JPG
IMG_0206 (2).JPG
シンプルな形状ゆえか、戦闘室はまともに再現。車台部分についてはもう諦めた。砲身の太さや形状にはもっと拘ってほしかった・・・何よりも、大きすぎる増槽が残念。

IMG_20191008_0016 (2).jpg
98式戦車には、実はちょっと期待していました。上の3両はソ連生まれだけど、98式は人民解放軍がT-72をベースに開発。国産戦車として気合を入れてモデル化したんじゃないかって。

IMG_0200 (2).JPG
IMG_0207 (2).JPG
うん・・・4両の中では一番いいんじゃないかな。寸詰まりだけど形状的には間違ってない。支持輪も半ば隠れているし、斜め上から見れば鑑賞に堪えられるレベルかも。

いずれも接着剤は不要ですが、バリを取るためのニッパーやカッターは必要。機銃を取り付ける穴が小さすぎて、ピンバイスが必要なので付けていません。砲塔上のハッチの片方が開きます。

全8種で、残りはレオパルト2A5、M1A2、M1パンサーII地雷処理車、M42自走高射機関砲。ラインナップは魅力的なんだけどねえ・・・車台は共通だろうからスケールはあてにならんな。

ここまで書いてきてようやく気付きました。プラモデルではなく「立体パズル」としたのは。「コレジャナイ!」と叫ぶモデラ―の非難をかわすためか。そして「4D」の4つめのDは・・・思わず手に取ってしまったDonkey(まぬけ)の意味かっ!?

おまけ
IMG_0215 (2).JPG
ホンコンノジユウハオラタチガマモル

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
タグ:戦闘車両
nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サイボーグ海亀 [玩車紀行]

秋の気配が深まる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?当方は今頃、夏の旅行で捕獲した玩車をネタに駄文を綴っております(苦笑)

太平洋を望む高知の土産物店で亀を助けたのは八月のこと。
IMG_0198 (2).JPG
IMG_0199 (2).JPG
IMG_0195 (2).JPG

ロケットエンジン?を備えたサイボーグ海亀。どこかで見たような企画だと思ったら、以前ネタにした恐竜玩車の仲間ですね。

IMG_0197 (2).JPG
いかにも速そうな見かけなのに、いつまでたっても竜宮城に案内してくれません・・・

今回の旅行では、沢田マンションのほかにも、かねてから行きたかった高知のあちこちを訪れました。

IMG_20190820_110956.jpg
四国の南東端、室戸岬の近くのむろと廃校水族館。学校の施設や備品を利用したユニークな展示が魅力。プールには海亀やシュモクザメが泳いでいます。

IMG_0171.JPG
徳島との県境に近い山腹に建つ、天文台を備えた山荘梶ヶ森。宿泊した日はあいにくの天気でしたので、そのうちリベンジする予定。

IMG_0179.jpg
梶ヶ森(標高1400メートル)は頂上のすぐ近くまで車で行けます。

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪
にほんブログ村 コレクションブログ ミニカーへ
にほんブログ村
タグ:玩車紀行
nice!(5)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -