So-net無料ブログ作成

戦後は続くよ、どこまでも [読んだ本]

生存確認代わりの書籍紹介兼、備忘録。
今週末は10冊+1。


悪の五輪
来年は待ちに待ったオリンピックだ――日本中がそんな気分に浮かれている。どこに行っても〈オリンピック〉の押し売りだ。






傲慢と善良
「ささやかな幸せを望むだけ、と言いながら、皆さん、ご自分につけていらっしゃる値段は相当お高いですよ。ピンとくる、こないの感覚は、相手を鏡のようにして見る、皆さんご自身の自己評価額なんです」




闇夜の底で踊れ
「万国共通、考えたる、っちゅーのは、ノーって意味やろ」







明治乙女物語
「反省するとしたら、最敬礼をしなかったことではありません。周囲に流されてお辞儀をしてしまったことです」






人類滅亡小説
「正義とは、ある人たちにとっての、ある時代、ある場所に限定された、最優先事項のようなものに過ぎないんじゃないかな」






風魔と早雲
己れが長く守り続けてきたものは、他人にとって何の価値を持たずとも至高の宝であり、その固執する心が、その人にとって揺がすことのできない道徳である、と信じる者は存在する。





宝島
われら沖縄人はじきに嘆きや絶望にも飽きて
希望を口にしはじめる
そのときまでこうして語りつづけるのさ





未来職安
古くは日記、続いて写真、そして生活のもろもろを人々がインターネットに生放送するようになって数十年。気がついたらプライバシーというものが一部の偏狭な人たちの趣味みたいになってしまった。




幻影城市 (講談社文庫)
明日から。
という約束は、残念ながらほとんどの場合果たされることがない。明日には明日の事情がある。別の障碍が必ず現れる。





チンギス紀 三: 虹暈 (単行本)
気が遠くなるほど、先は長い。そう言いかけて、テムジンは口を閉じた。先とはなんなのだ、と思う。先というのは、ただ死ぬ時のことではないのか。だから先は、あっても、ないということだ。




【早期購入特典あり】シン・ゴジラ Blu-ray2枚組(シン・ゴジラ&初代ゴジラ ペアチケットホルダー付き)
戦後は続くよ、どこまでも。







nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。