So-net無料ブログ作成

珍玩堂主人 モンキーモービル [コーギー]


左=ハスキーのモンキーモービル=モンキーズカー(No.1204。1968年発売)
右=マッチボックスのポンティアック・グランプリ(No.22-C。64年発売。1/72)

前々からネタにしたいと思っていたモンキーズカー
コミカルなデザインは猫まっしぐらで、それこそ目の色を変えて探したモデルでしたが・・・

肝心のモンキーズは、まったく聴いたことがなかったりする(爆)
66-68年の「ザ・モンキーズ・ショー」はもちろん見ていないし、80年代のリバイバルにも無縁。

田舎の中学生でも一応、ビートルズの青盤、赤盤くらいは聴いていたのだけど(遠い目)
・・・・・・それはさておき、初めて聴いたモンキーズは、覚えやすいメロディーが癖になりそう。

モンキーズカーは、66年式ポンティアックGTOをディーン・ジェフリーズがカスタム。
ストレッチしたボディに、389立方インチのV8スーパーチャージャー。後部にパラシュート装備。

TVショーとツアー用に各1台。近年、ポンティアック・ルマンをベースにレプリカも1台制作。
オリジナルのうち1台は現在、御大ジョージ・バリスが所有。(Wikipediaより引用)

モンキーズカーのモデルは当時、メットーイ社がコーギーとハスキーブランドで発売。
コーギーのモデル(No.277-A)は近年、人形なしで再版されています。版権の問題かな。

近年のモデルではほかに、アーテルの1/18、JLの小スケールが存在。
当時もののお宝としては、モンキーズの4人が車内で演奏している日本製ブリキがあります。

プラモは、イマイの1/24、AMTの1/25。イマイは当初「モンキーズカー」として発売しましたが、
後にはただの「ポンティアックGTO」の名称になり、なんと黄色のムーンアイズ仕様も(笑)

1台では寂しいので、MBのポンティアックGPを並べてみました。
モンキーズカーのベースになった66年式のGTOだったらベストだったのだけど。

追記 fziro様覆面える様が、モンキーズカーの連動企画してくださいました~♪。多謝!

ランキング参加中。お気に召しましたら、ぽちっと宜しく♪

ザ・デフィニティヴ・モンキーズ (ワーナー・スーパー・ベスト40)

ザ・デフィニティヴ・モンキーズ (ワーナー・スーパー・ベスト40)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2010/04/07
  • メディア: CD

nice!(5)  コメント(18)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 18

覆面えるさん

どもども、、ザ・モンキーズ・ショー、、最近ケーブルで見た気がしまつ、、

でも、コレ、いいですよねー、、でも、アタシが持っているハスキーとは、ドアのモンキーズマークがぜんぜん違います、、新たなバリエーションなのかなぁ、、

あと、イマイのキットは完成品がありますので、何れウプいたしまつね、、ではでは、
by 覆面えるさん (2007-08-17 15:43) 

fziro

これハスキーの方ですか~!
画像だけ見てた時は大きい方のコーギーのバージョン違いかと思ってました(笑)。
これ、アメリカで車だけが全く違うキャラ(何か、全然知らないリーゼントのアンチャンでした)の
プラモとして出たこともあるんで、向こうではけっこう人気高いんでしょうね~。
by fziro (2007-08-17 19:15) 

1275GT

モンキーズはリアルタイムです!
もちろんザ・モンキーズ・ショーは見てました。
デビューしたときは楽器が出来ず、
スタジオミュージシャンが演奏していた・・・と言われてましたね。
TVで見る演奏シーンもどことなくぎこちなかった記憶があります。
ディドリームビリーバーは今でも愛唱歌のひとつです(笑)
あぁ、コーギー欲しくなってきた・・・(爆)
by 1275GT (2007-08-17 20:58) 

ねこざかな

>> 覆面える様
Dr.Edward Forceのコーギー本では、裏板やホイールの違いでハスキー×1、コーギージュニア×2の計3タイプが存在するとしか触れられていないけど、サイドのシールの「Monkees」文字の大きさも、少なくとも2タイプあるみたいですね。

イマイの完成品UP、楽しみにしています~♪
by ねこざかな (2007-08-18 04:27) 

ねこざかな

>> fziro様
> アメリカで車だけが全く違うキャラのプラモとして出たこともあるんで、
あ~、かの地でも使い回されているのですね~(笑)

近年になって、わざわざレプリカがつくられるくらいなので、
音楽と同様、実車の人気も根強いみたいですね。
by ねこざかな (2007-08-18 04:38) 

ねこざかな

>> 1275GT様
さすが大先達、リアルタイムでいらっしゃいますね!

ディドリームビリーバーって、モンキーズだったのですか~。
http://jp.youtube.com/watch?v=vfYDnXMRmUs
さすがに猫も、この歌は知っています・・・タイマーズのカバーでだけど(笑)

スタジオミュージシャンによるレコーディングとか、口パクの件も含め、
アイドルグループのはしりのような存在なのかな。でも、曲はいいですね。
by ねこざかな (2007-08-18 04:56) 

fziro

うふふふ、いけない覆面さんのマネをして、
「勝手に連動企画」発動でつ!
http://charaminicarbase.blog102.fc2.com/blog-category-18.html

その使い回しキャラもちゃんと調べてきましたよ~!
by fziro (2007-08-18 22:16) 

覆面えるさん

おーほっほっほっほっ、、

うちでも、「勝手に連動企画」発動でつ!
http://minkara.carview.co.jp/userid/240223/blog/5895818/#cm

バリエーションのひとつでつね~!
by 覆面えるさん (2007-08-19 00:00) 

ねこざかな

>> fziro様
>> 覆面える様

「勝手連」ありがとさんです~♪
いろいろ知らないことを教えてくださり、感謝!感謝!
by ねこざかな (2007-08-19 01:48) 

グラス

モンキーモービルって良く判らずに不思議な車と思ってました。
MBの赤いポンティアックは気に入ってました。
良くできてますよね。
スーパーファーストになって紫色になっちゃってショックだったな・・・
by グラス (2007-08-25 07:59) 

いっぷく

1275GTさんと同じくモンキーズはリアルタイムです。
カラーのない白黒で毎週見てました。もちろんビートルズもね♪。
ねこざかなさんの範囲広いね。
by いっぷく (2007-08-26 07:44) 

ねこざかな

>> グラス様
私もモンキーズについて知らない頃、なんの劇中車かと訝りながらも、
イカしたデザインに魅かれて懸命にミニカーを探しました(笑)

紫のポンティアックGP、生産期間が短いモデルですよね。
私持ってないや・・・スーパーファストは未収集のモデルがたくさん(汗)
by ねこざかな (2007-08-27 05:37) 

ねこざかな

>> いっぷく様
モンキーズのTVショー、Youtubeでちらっと見ましたが、
完成度の高いエンタテイメントといった感じですね!

英国発祥の「文化」を洗練、かつ高いレベルで大衆化する手法、
なんとなくMBとHWの関係を思い浮かべました。
by ねこざかな (2007-08-27 05:41) 

桃色ジープ

モンキーズショーは自分が2歳か3歳位の頃に放映してたのでギリ覚えてます。クリスマスにサンタに扮したメンバーがちびっ子の家にプレゼント持ってきた話があって(そのプレゼントの中に本物のダックスホンダがあってビックリ!)そのちびっ子がスゲー羨ましかった。あと、番組のラスト近くでモンキーモビルが小さなステージ引っ張ってそのステージでライブやったりでメチャ興奮しながら見てました。10年くらい前、福岡で月曜深夜に再放送したときは毎回見てましたね。で、曲はIm'aビリーバーが一番好き。
by 桃色ジープ (2007-08-28 09:32) 

ねこざかな

>> 桃色ジープ様
プレゼントにダックスホンダですか~そんなサンタに来て欲しいですね♪
私は2、3歳の頃の記憶、まるで残っていません。
その頃、家にテレビがあったかどうかも怪しい・・・(苦笑)
by ねこざかな (2007-08-28 13:28) 

jyoji-san

ことしの8月にウインダミアにいきました。悲しい事にあの美しい村を歩く時間がありませんでした。そこへねこざかなさんのコメントを見つけその時のお話をもっとお聞きしたいと思いました。
いきなりですみません。よろしくおねがいします。
by jyoji-san (2007-09-09 23:36) 

ねこざかな

>> amaguri様
レス遅くなり、すみません。妻と私が湖水地方を訪れたのは11年前・・・いまも変わらず美しいのでしょうね(羨)。私たちはウィンダミア湖畔のマナーハウスに宿泊。ボウネスから湖を渡り、ニア・ソーリー村へ向かいました。

途中、車道を逸れてフットパスを歩きましたので、時間は掛かりましたが、趣のある砦?跡などを見ることができました。再度訪れることがあれば(軽いトレッキングのつもりで)ぜひフットパスを散策することをお薦めします。

ニア・ソーリーでも時間をかけて過ごしたのですが、なにせ小さな村なので、ヒルトップ以外に印象があまり残っていなかったり(汗)。日本の観光地と違ってタクシーが見当たらなかったため、また徒歩でホークスヘッドへ。

夕暮れの湖畔を野兎を探しながらのウオーキングは楽しいものでしたが、ピーター萌えの妻が買い込んだグッズが重く(苦笑)思いのほか時間がかかり、ポター・ギャラリーの閉館時間に間に合わなかったのは残念でした。

・・・・・・その後、タクシーで宿に着いてから、私は「ご当地もの」として兎料理を注文。おいしかったけど、妻からは白い目で見られました(爆)。昔のことで不確かなところがありますが、少しはお役に立てましたでしょうか?
by ねこざかな (2007-09-13 13:51) 

jyoji-san

やっとみつかりとても喜んでいます。ご丁寧なご案内に感謝いたします。あの辺りをここまで大変な思いをして歩かれたねこざかなさんの体験談はとても貴重なものです。来年のイギリス旅行の大切な資料とさせて頂きます。本当に有難うございました。それにしてもウサギちゃん料理をたのまれたねこざかなさんを睨みつけられた奥様のお気持ち、痛いほどわかります。
私なら、気絶してるかも・・・・・・・(笑)
by jyoji-san (2007-09-14 08:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0